【球界の頭脳】古田敦也の畜生エピソードで打線組んだ

目次

【球界の頭脳】古田敦也の畜生エピソードで打線組んだ

 

1遊 
(ヤクルトならすぐにレギュラーになれるから)ヤクルトに行きたかった

 

2中 
野村監督に1年目は打率は250でいいと言われきっちり250打つ
   (翌年首位打者に)

 

3一 
打率1割代の炭谷に対して
「普通これだけ打席立てばもっと打てるようになる」

 

4捕 
盗塁阻止率644(世界記録)

 

5左 
金本に「フルイニング続けてれば外しか来ないから楽だよな」
   (その後インハイ連発)

 

6三 ビハインドで燃えた投手をボロクソ言って
      野村監督に2軍に幽閉させる

 

7二 
野村監督に説教されている時の内容が、実際の配球と違っていたことに対して 「こいつ大したことないな」
     (以後説教も受け流すようになる)

 

8右 
フォーク投げられない新人の松岡に切れてミットを叩きつけ捕球拒否する

 

9投 
10点差で盗塁されて報復死球2連発して「2回目のは抜けただけやろどこ見てんねん」
    (暴言で退場)

 

中 
古田に受けてもらいたいという理由で有望投手がヤクルトを逆指名

 

抑 
古田が好調なら優勝、故障したら
Bクラスという凄ましい影響力

 

 

 

色んな意味でプロらしい性格

 

ぐうレジェ

 

中抑えレジェでしかねえ

 

一流っぽい性格だわ

 

すこ

 

ノムとは一時期かなり確執あったよな
晩年は解消されてたけど

 

確執のせいで監督時代、
野村と正反対のことしようとして
失敗したんや

 

それが今や熱闘甲子園のキャスターよ
この頃から見たら丸くなったんやな

 

2番強すぎ

 

9番の盗塁したのが石川内野手という
しかもプロ初盗塁

 

選手生命アンド今後の野球人生かけて
選手会長やったのを忘れられる

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

オススメ

株・スイングトレードで月10万円稼ぐ技術: 〜7年常勝の損しないルール

12万人が学んだ 投資1年目の教科書

カテゴリー 一覧

目次
閉じる