何億円という大金がドブに消えた…球史に残る「FA大失敗組」ワースト3

目次

何億円という大金がドブに消えた…球史に残る「FA大失敗組」ワースト3

“FA史上最大の失敗”といわれるのが、2001年の川崎憲次郎だ。前年8勝10敗の川崎は、ヤクルトとの初交渉で年俸ダウンを提示されると、残留の意向を撤回、FA権を行使した。

このほか、移籍後、2年連続開幕投手に指名されながら、3年間で8勝に終わった星野伸之(オリックス→阪神)、制球難を克服できず、1勝もできなかった仲田幸司(阪神→ロッテ)、不動のセットアッパーの期待も、3年間でわずか9ホールドと期待を裏切った森福允彦(ソフトバンク→巨人)らも失敗組の代表格だ。

 故障や年齢的にピークを過ぎていたこと、新しい環境になじめなかったことなど、さまざまな理由が考えられるが、その成否によって、チームの成績にも大きく影響するFAは、改めて諸刃の剣という要素も大きいということを痛感させられる。
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/12271101/

 

ヒルマンは横取りだっけ?

 

>>3
肩に小錦発言は有名だけど、本当に肩の腱板が断裂してて投手として致命傷になってた
そのまま退団し引退

 

森福野上陽

 

>>4
陽は既にハムで出番減らしてた(減らされてた)のに、巨人がまだやれると判断した結果だろ。
実際まだやれるかもしれんけれども

 

ヤンキース「」

 

若田部は横浜で1勝しかしてないのか
もう少し活躍してるのかと思ってた

 

野上はまだマシか

 

井川とか言う30億円のあれ

 

やっぱり川詐欺が一番だな

 

そもそもFA取得時というのは、かなり勤続疲労がある状態
こういうリスクはつきもの

 

巨人倒すのにヤクルトから取るのが既に馬鹿

 

ソフトバンク時代の松坂は?

 

>>13
国内FAじゃないんで除外されてるんだろう

 

石毛
金村

 

若田部はダイエーからあんな感じだったし
選手層がペラペラなダイエーじゃなかったらFA権取れなかったかも

 

>>1
星野は阪神在籍の印象もそこそこ強いのに大して勝ってなかったんだな⋯

 

人的補償の方が活躍する例はまだか?

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

オススメ

株・スイングトレードで月10万円稼ぐ技術: 〜7年常勝の損しないルール

12万人が学んだ 投資1年目の教科書

カテゴリー 一覧

目次
閉じる