油を極端に減らしてダイエットしてると脳が壊れて鬱病とか認知症になるぞ

目次

油を極端に減らしてダイエットしてると脳が壊れて鬱病とか認知症になるぞ

 

脂は脳細胞や神経細胞の材料です
脂の摂取を減らしすぎるとこれらの再生が妨げられるので注意が必要です
これをダイエット用語で油断大敵と言います

 

 

油と塩は減らしすぎてもダメなんだよな

 

脂じゃなくて糖でしょ?

 

脂じゃなく糖な

 

>>3
違います
糖は脳の材料になりません

■補足
脳に良い食べ物は意外なことに油(脂肪酸)だ。
油が脳に良いなんて、と思うが、脳細胞の細胞膜はリン脂質という、リン酸と脂肪酸(油)でできている。
そのため、油不足になると、神経細胞が再生できないのだ。
もちろん油なら何でも良いわけではない。
脳の神経細胞に必要なのは、DHA(ドコサヘキサエン酸)とアラキドン酸の2種類の油だ。

 

 

極端なダイエットの反動で過食症になるのは脂肪不足による脳障害が一因

 

脂肪は重量当たりのカロリーが多いのでダイエットの敵のように表現する媒体が多いが
当然体に必要なもの
制限が過ぎると弊害が出る

 

幼少期にカロリーが若干過多で太り気味だと
脳細胞の数が増えるらしい
十分なカロリーを摂取してるとエネルギーとして消費される脂肪が少なくて
結果的に脳細胞の構築に利用される脂肪が増えるため

 

にくづきにうまいと書いて脂
人間に重要な成分だから神様が旨く感じるように作ったんだよ

 

ご飯を大量に食って肥ってる奴は
糖質だけで脂質は不足してるからデブなのに脳も壊れてるってこと
だからバカみたいに食うのか

 

糖は栄養
脂は材料

 

タンパク質と脂質目当てでフライドチキン食べながらカロリーコントロールしてるわ
糖質もおにぎり1個食べるようにしてる

 

食べ過ぎた脂肪が皮下脂肪になるわけではありません
糖とタンパク質と脂質の合計のカロリーが消費カロリーを超えれば皮下脂肪になります
脂肪を摂らなくても糖やタンパク質を摂り過ぎれば肥ります
逆に脂肪を食べても消費カロリーを超えなければ肥りません

 

そんな単純なわけないだろ
機械じゃないんだぞw

 

>>28
人間の体の仕組みは単純です
単純じゃないのは人間の食事の摂り方です
複雑な人間の食べ方に応じるために体には色んな機能が付いています
糖質を摂りすぎたらインシュリンを大目に出して血糖値を下げるとか
コレステロールを摂りすぎたら体内で作るコレステロールの量を減らして調節するとかしています
しかし自堕落な食生活を続けてるとこれらの調節機能が疲弊して役にたたなくなります
それが成人病です

 

糖はガソリンで脂肪はエンジンを作る材料です
糖をいくら摂ってもエンジンが小さければパワーが出ません
脂質をしっかり摂って大きなエンジンを作ることが大事です

 

脂は一日どのくらいとればいいの

 

>>36
一日のカロリーの20%~30%と言われています
日本人の平均は25%だそうです
一日のカロリーは年齢や性別、体重で違いますが
大まかにいうと体重1キロあたり1グラムくらいの脂質を摂取することになります
体重50キロの人で1日50グラムの脂質になります

 

>>40
結構多くてびっくりした

 

そんな単純なら誰も太らない

 

>>37
単純な食べ方をすれば肥りません
食べ過ぎるから肥るのです

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

オススメ

株・スイングトレードで月10万円稼ぐ技術: 〜7年常勝の損しないルール

12万人が学んだ 投資1年目の教科書

カテゴリー 一覧

目次
閉じる