米メディア特集「ヤンキース史上最悪の12の契約」なんとワースト1位は日本人

目次

米メディア特集「ヤンキース史上最悪の12の契約」
なんとワースト1位はあの日本人

 

ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」は「MLBホットストーブ ヤンキース史上最悪の12の契約」として特集を展開。1901年創立の名門の歴史で不名誉なワースト1位に選出されたのは、なんと井川慶氏だった。

井川氏は2006年12月に、2600万ドル(約29億5300万円)のポスティング費に加え、5年2000万ドル(約22億7000万円)+出来高の契約を結び、阪神からヤンキースに移籍。

 

だが、2年間で16試合に登板(13試合に先発)し、2勝4敗、防御率6.66という成績に終わり、残りの3年間はメジャー登板なし。マイナー生活を余儀なくされた。

https://full-count.jp/2018/11/16/post249960/

 

残当

 

しゃーない

 

ケイイガワってやっぱレジェンドなん?

 

むしろ誇らしい

 

阪神にさんざんクソ外人送り込んできた報いやぞ

 

グリーンウェルの報復定期

 

そらグリーンウェルやら相当騙されたしいい報復やろ

 

逆レジェ定期

 

いや、「なんと」ってなんだよ
順当じゃねえか

 

阪神時代は凄かったんでしょ?

 

>>18
最強やぞ

 

>>18
2002年と2003年は凄かったな
阪神晩年はすでに微妙な感じ

 

>>18
最後2年位はストレート通用してなかった

 

>>18
なんと甲子園本拠地阪神の最後の最優秀防御率や

 

>>310
沢村賞もとってたよな

 

>>18
なんとここ50年間で最優秀防御率を獲った唯一の生え抜きやからな

 

>>362
江夏ってとってなかったっけ

 

>>372
1969年やな

 

一人でNPBダメ外人の報復を成し遂げた男

 

 

エルズベリー定期

 

何がここまでヤンカスを惹きつけるのか

 

>>35
グリーンウェルとかメンチとかロサリオとかソラーテみたいなもんやろ

 

ニューヨークで最も有名な日本人

 

なんでも一番になるのは大したものですよ

 

日本のペピトーン、アメリカのケイイガワ

 

一番ヤンキースから金をせしめた男ってことやな
ソフトバンク松坂もこいつの前では塵芥よ

 

「なぜ、ヒドかったのか?」という記事中の寸評には「イガワはメジャーで2年間の惨めなシーズンを送った。彼はさらに2年間3Aで過ごし、最終年はほとんど2Aにいた。GMのブライアン・キャッシュマンは日本の球団にイガワを売却しようとしたが、イガワが移籍を拒否した。すべてはレッドソックスがダイスケ・マツザカ争奪戦で、ヤンキースを制した際の条件反射的な出来事だった。マツザカの補強もボストンにとって、そこまで奏功しなかったわけだが」と指摘している。
宿敵レッドソックスに当時西武の松坂大輔投手(現中日)をかっさらわれた後、ヤンキースは井川獲得に踏み切った経緯を紹介。NPBへの売却交渉もうまくいなかったと振り返っている。

 

>>48
ついでに松坂もディスってて草

 

>>48
井川のせいでダルビッシュとかまで逃したの草生える

 

エルズベリーがランキング更新したんだよなぁ

 

マイナーでは勝ててたんやから移籍したら良かったのに
セーフコなら期待外れの微妙選手くらいで終われたやろ

 

3Aで最多勝とかやってなかったっけ?井川

 

ニューヨーカーを最も恐れされた男

 

カテゴリー 一覧

姉妹サイト記事

おまとめ

  • 総合
  • おすすめ
  • まとめ
  • ニュース
  • スポーツ
  • 芸能
  • 人間関係
  • オカルト
  • 生活
  • IT

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる