【悲報】MLBスカウト「斎藤佑樹の契約はメジャーなら他のクビになった選手に訴訟を起こされかねない」

にゅーぷる

  • 芸スポ
  • 野球
  • ニュース
  • 2ch
  • 生活
  • 知的好奇心
目次

【悲報】MLBスカウト
「斎藤佑樹の契約はメジャーなら他のクビになった選手に訴訟を起こされかねない」

 

プロ10年で通算15勝、昨季は3年連続の未勝利に終わり、右ひじに致命的な“爆弾”も背負ってしまった。

 

しかしながら何事もなかったかのように斎藤が日本ハムから契約を更新されたことには、海の向こうのMLB関係者からも「田中の元ライバルが奇妙な温情契約でプロテクトされている」と驚嘆の声が上がっている。

 

実際、アメリカン・リーグの古豪球団に籍を置く日本人スカウトに「斎藤の現役続行」に関して話を聞くと次のような言葉が返ってきた。

 

「まずMLBでは絶対に成立しないケース。彼の経歴から判断すれば、どんなに大甘であったとしても2015年シーズンの時点でファイヤー(クビ)でしょう。それが今オフも契約更新となることは『アンビリーバブル』としか言葉が浮かばない。

 

 

やはりファイターズを含めNPBの球団の中には人気面や話題性を多分に加味した温情査定という日本独特の文化が未だ根強く残っている証と言えると思います。

 

しかも非常に驚くべきは、この契約延長がコロナショックの中で成立している点です。もしこれがMLBならば、彼よりも成績が上であるにもかかわらず契約を切られた他の選手から訴訟を起こされる危険性もあり得ない話ではない。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63879

 

吉村聞いてるか?

 

何で契約できたんだまじで

 

元ライバル

 

甲子園で日本中を沸かせたからな
そらそうよ

 

ハンカチが知名度あるから目立つだけでロクに成績残してないのに球団に居座り続けてる選手なんていくらでもおるんちゃうのけ

 

2011年 6勝6敗 防2.69
2012年 5勝8敗 防3.98
2013年 0勝1敗 防13.50
2014年 2勝1敗 防4.85
2015年 1勝3敗 防5.74
2016年 0勝1敗 防4.56
2017年 1勝3敗 防6.75
2018年 0勝1敗 防7.27
2019年 0勝2敗防4.71
2020年 一軍登板なし

2015年は言い過ぎだろ
せめて2018年だわ

 

>>16
改めて見ても異常ですねぇこれは
まだ現役なのホンマすごい

 

>>16
2018はさすがに遅いんちゃうか

 

>>16
大学の時点でぶっ壊れてたのにプロ入りがちょうど違反球で中途半端に延命できたの悪運が強いというかなんというか
この1、2年目がなければ確実に切られてたやろな

 

叩かれようが貶されようが金貰えるんやから勝ちやろ

 

>>21
叩かれてもけなされても耐えれるなら
辞めてから知名度活かす方法考えたほうが
生涯年収は増やせそうやけどな
下手に嫌われものになったら損やし

 

靭帯断裂して試合で投げる目処の立たない選手を支配下で置いとく意味がわからない

 

>>31
どうしても置いときたいなら育成があるしな

 

高卒ならまだしも大卒投手に甘いなとは思う
早めに肩叩いてやってフロントにでも入れてやるのが普通ちゃうかな

 

興行なんだから話題性も重要やないの?

 

プロ野球の契約が成績だけで決まらないのは分かりきったことだろうに

 

BOSに私情入ることが確定したな

 

見切り早いイメージがあるハムやから余計に言われるんやろな

 

先に首なってく選手は何をおもいながら去っていくのか
普通じゃないよなハム
育成のハムのイメージも瓦解した今どうするつもりだろ

 

まぁハムも本音は自分から引退申し出てくれんかなとは思ってるやろな

 

>>130
斎藤が辞めたいっていうならさすがに止めんやろからな

 

そんな訴訟した奴いんの?

 

>>143
契約によって球団に故意に損害を与えたとか訴えて勝てるわけないからな

 

元マイナー選手がヤ軍に37億円求め“無謀すぎる”訴訟 「ジーターがキャリアを妨げた」
https://full-count.jp/2020/01/11/post657735/

 

ヤンキースでかつてプロスペクトとして期待されながらメジャー昇格できぬままキャリアを終えた元選手が、古巣を相手に3400万ドル(約37億円)を求める訴訟を起こしていたことが明らかになった。

 

ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」は「奇妙な訴訟で、ヤンキースの失敗したプロスペクトは、デレク・ジーターがキャリアを台無しにしたと語る」と伝えている。

 

訴訟を起こしたのは現在30歳となったギャリソン・ラシター氏。

 

現役時代のキャリアは1A+で終え通算打率は.244だったという。

 

記事では「とりとめのない陰謀による訴訟では失敗したプロスペクトが、ヤンキースを訴え、3400万ドル(約37億円)を要求した。彼はヤンキースのレジェンドであるデレク・ジーターが競争を恐れ、遊撃手としての彼のキャリアを妨げたと主張した」と伝えている。

 

記事では2011年に1Aで監督を務めたアーロン・レデスマ氏のコメントを紹介。

 

レデスマ氏は「彼は平均以下だった。それほどパワーがなく、打率も残せなかった。スピードも平均以下だった。体格はよかったが、フットワークに問題があり、遊撃手としては難しかったと思う。

 

ヤンキースは彼を三塁にコンバートしたが、それが気に入らなかったようだった。三塁手としてプレーすることを試みたが、そのポジションに必要な打撃力を備えていなかった」と“失格”の烙印を押している。

 

 

 

吉村の目の前で言って欲しい

 

メジャーとは契約体系も違うからなんとも

 

ドラ1そうそう切るわけ無いだろと言われて何年経っただろうか

 

まーうん・・・でもアメリカでも死刑囚契約あるじゃない?
そういうのを一番最初にやっちゃったみたいなもんだから

 

アメリカ人は甲子園の価値知らんから疑問かもな

 

>>271
聞いてるの日本人スカウトやで

 

知名度はあるけど人気は既に過去の選手なのに飼い続けてるのは意味不明やな
客呼べるから…と言う論法も通じない

 

>>347
むしろフロント候補として置いてるって感じやろ

 

実際なんで育成に落とさなかったのか分からんレベルやからな
枠の無駄やで完全に

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

オススメ

株・スイングトレードで月10万円稼ぐ技術: 〜7年常勝の損しないルール

12万人が学んだ 投資1年目の教科書

カテゴリー 一覧

目次
閉じる