日ハム野村「守備が下手だから大きいグラブ使う」

目次

日ハム野村「守備が下手だから大きいグラブ使う」

 

日本ハム野村、守備向上へ名手モデル新グラブ手応え
https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202101180000844_m.html

 

スケールが大きい成長株は、課題撲滅へ道具もビッグにした。野村が今季使用予定の新グラブについて明かした。

 

「今年はちょっと大きくしようかなという感じです。シンプルに先がちょっと長いです」。

 

昨季からローリングス社のグラブを使用。日本人三塁手が使用するグラブの平均サイズより約1センチ大きい29・5センチ(人さし指の先端から手入れ部分まで)だったが、今季は1センチ長い30・5センチと5ミリ長い30センチを準備した。狙いは、明快だ。

 

野村 やっぱり長いほうが(打球がグラブに)入るので。少しでも捕れる確率を高くするためにやりたいなと思いました。

 

開幕スタメンも果たした昨季は21試合出場(守備は20試合)で7失策。うち6失策が捕球ミスによるものだった。同社の担当者とも話し合いながら、打球をしっかりつかむことを意識するために、昨季より一回り大きいサイズに挑戦することを決めた。

 

2つ準備した新グラブはオリジナル型だが、偶然にもロ軍のアレナドと同サイズとなった。昨季まで8年連続でゴールドグラブ賞、17年から4年連続でナ・リーグの最高守備選手としてプラチナグラブ賞を獲得した現役最高峰の三塁手だ。

 

大きなグラブは操作性の面で難易度も上がるが、野村の左手のサイズは日本人平均より大きく、外国人名手の型でもフィットしたもよう。15日まで沖縄・伊江島で杉谷らと行った合同自主トレでも試した野村は「しっかり違和感なく使えた」と手応えあり、だ。

 

 

◆野村の昨季守備成績 三塁守備に就いたのは20試合で、失策数はチーム最多だった渡辺、清水の8個に次いで清宮と並び7個。

併殺に3度絡んだが、守備率は8割台と低調だった。

 

途中離脱の要因となった右手第5指基節骨の骨折を負ったのも、7月7日オリックス戦(京セラドーム大阪)での守備のゴロ捕球の際だった。

 

 

かしこい

 

 

グラブ大きくしたらトンネル減るのか?

 

 

若月のライナーで骨折したくらいやしな

 

 

>>5
アンチ乙
ライナーじゃなくて平凡なゴロだから…

 

 

範囲が狭いとかじゃなくて正面のゴロが捕れない状態からなあ
グラブとかよりも基本的な内野手の動きからやろ

 

 

金子誠がマンツーマンで教えてるらしいから何とかなるやろ

 

 

カテゴリー 一覧

姉妹サイト記事

おまとめ

  • 総合
  • おすすめ
  • まとめ
  • ニュース
  • スポーツ
  • 芸能
  • 人間関係
  • オカルト
  • 生活
  • IT

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる