【野球】プロ注目高校生紹介 2021 

目次

ワイ調べ2021プロ注目高校生紹介

 

現段階のプロ中高校生紹介してくやで~

小園健太 市立和歌山高校
185cm91kg 右右 MAX152km スライダー・カット・カーブ・チェンジ・ツーシーム

地方大会通算(近畿:20秋、県:19夏秋20夏):9試合、41 1/3投球回、防御率1.74
20秋季近畿大会:3試合、22投球回、防御率0.41、被打率4.09、奪三振率8.59、四死球率1.23

2年夏には152キロを記録,140キロ台のカットボール他にもカーブ、ツーシームを織り交ぜる。

現段階高校ナンバーワン投手との呼び声も高い、テンポのいいピッチングと多彩な変化球が持ち味
ヤクルト、中日、阪神がご執心

 

 

 

 

森木大智 高知高
184cm87kg 右右 MAX151km スライダー・カーブ・スプリット・チェンジ・ツーシーム

地方大会通算(四国:19春、県19夏秋):5試合、19 1/3投球回、防御率1.86、被安打率5.59、奪三振率8.84、四死球率5.59

中学校時代に軟式で150km/hをマークし、高校では1年生夏に148km/hを計測

兎に角ストレートのスピードがすごい投手、遠投110m、50m6秒2(中学時代)と運動神経がかなりいい
肩甲骨が柔らかいのもポイントで今秋には153キロをマークしたとの情報もある。

こちらもヤクルト、阪神、中日スカウトがご執心

 

 

はぇー

 

 

畔柳亨丞 中京大中京
177cm80kg 右右 MAX151km スライダー・カーブ・チェンジ

地方大会計(19夏、20秋):9試合、47投球回、防御率1.15、被安打率4.79、奪三振率10.34、四死球率2.11
20近畿大会:2試合、8投球回、防御率0.00、被打率1.13、奪三振率14.63、四死球率3.38

2年時秋の県大会で最速151㌔を叩き出した。

セットポジションから投げ込む最速151㌔のストレートが武器、1年時秋に発症した右肘痛の影響もあり実績が乏しい
阪神スカウトが注目している

 

 

畔柳はタッパが足りんかもなまだ

 

 

風間球打 ノースアジア大明桜
182cm80kg 右左 MAX150km スライダー・カーブ・フォーク

地方大会通算(東北19春20夏、県19春夏秋20夏秋):10試合、37投球回、防御率1.95、被安打率3.41
20秋季県大会:1試合、10 1/3投球回、防御率0.00、被安打率1.50、奪三振率10.13、四死球率4.22

角度ある直球と3種類の変化球。2年時夏の県大会で150㌔を計測

角度のあるストレートと110㌔台から120㌔前後の縦のスライダー、100㌔台の緩いカーブ、120㌔台のフォークボールと多彩な投球ができるのが魅力
元プロ・尾花高夫総監督兼投手コーチの指導で球速アップし花開いた

巨人が注目

 

 

すごい名前やな

 

 

阪口楽 岐阜第一
187cm90kg 右左 MAX143km 投手兼一塁手 スライダー・カーブ・フォーク

地方大会通算(東海大会:19秋、県大会:19夏20夏):10試合、打率.367、5本塁打、11打点
地方大会通算(東海大会:19秋、県大会:19夏20夏):7試合、45 1/3投球回、防御率3.77、被安打率8.34、奪三振率6.15、四死球率3.97

4番・エース兼ファースト。2年時夏の帝京大可児戦で2発、左中間・右中間に叩き込んだ。
高校2年生秋の時点で通算15本塁打

高校野球界の二刀流選手。投手としても評価されているが、柔らかさもあり逆方向にも打てるのでバッターとしての評価が高い。
体格にも恵まれているため今後の成長が期待できる。打者としての素質にスカウト陣の目はクギ付け

特に中日が注目しているが楽天、横浜、阪神も注目している

 

 

森木と大阪桐蔭行った四国の子より小園のほうが注目されてるの何でや

 

 

>>10
変化球のキレと制球がいいから防御率がいい
スカウト評価としてはマックスはともかく球速のアベレージがもう一声欲しいってことなんやけど体格的にそこもクリアしてくるとみられてる

 

 

>>12
はえー
12月に初めて知ったから意外やった
四国コンビが元々有名やったし

 

 

>>13
やっぱ調べてるとスカウトは制球大事にしてるわ
スピードはあとからでもいい言う人も結構いる

 

 

2位で風間取れんかな

 

 

阪口が別格に見えるわ

 

 

関戸康介 大阪桐蔭
179cm80kg 右右 MAX154km スライダー・カーブ・カット・スプリット

地方大会通算(近畿:19秋20秋、県:19秋20夏):9試合、16投球回、防御率1.69、被安打率3.38、奪三振率11.81

伸びのある直球とスライダー。中3夏に最速146㌔を計測。

速球とスライダーの本格派投手、遠投115m、50m6秒0(中学時代)と身体能力が高い
スカウト人からもこの冬でスピードアベレージはもっと上がるだろうと太鼓判
ヤクルト、阪神、中日が大注目

 

 

そうそう関戸や

 

 

名電の田村とかあかんのかねえ?

 

 

達孝太 天理
193cm83kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ・フォーク

将来性が魅力の長身細身の右腕で110㌔台のスライダー、110㌔台から120㌔前後で沈むフォークボール、100㌔台の緩いカーブを投げる
20年秋から本格始動した将来性抜群の控えピッチャー

 

 

達150出したとか記事もあったけど学校のブルペンではあんま当てにならんな

 

 

>>20
試合でもあんまあてにならんのが現状らしい
関戸くんの154もロッテが計測して盛り上がってるけど他のスカウト陣では148キロくらいしか出てなかったという話もある

 

 

風間世代かと思ってたらいつの間中小園世代になってた

 

 

前川右京 智弁学園

177cm88kg 左左 外野手 遠投90m 50m6秒7

甲子園(19夏):1試合、打率.400、1二塁打、3打点、1三振、出塁率.400、0失策
地方大会通算(近畿大会:19春秋):5試合、打率.333、1二塁打、2本塁打、7打点、1三振、出塁率.364、1失策

1年夏から4番を打つ通算30発の強打者。秋8試合で6発。

出塁率と長打率がとにかく高い、通算19試合で打率.431出塁率.549超打率.800と貢献度は高
朝に300スイング、練習後にも500~700スイングするなど練習の鬼
阪神が注目している

 

 

松浦慶斗 大阪桐蔭
186cm96kg 左左 MAX150km スライダー・カーブ・フォーク・スプリット

9近畿:3試合、5 2/3 投球回、防御率15.88、奪三振率7.94、四死球率14.30、被安打率14.30
20近畿:3試合、14 投球回、防御率5.14、奪三振率3.86、四死球率1.93、被安打率10.93

最速150㌔の直球を持つ大型左腕。1年秋からベンチ入り。内角ストレートにスライダーを織り交ぜる

おそらく現段階で高校生ナンバーワン左腕
背が高く一年生から146キロを投げていた本格派で奪三振率が高いのが特徴
福岡ソフトバンク・古谷優人投手をいとこに持つ。

ヤクルト、日ハム、阪神、中日からと大人気

 

 

>>24
古谷いとこなんか
素材型親族やな

 

 

松浦成績こんなもんか
もっと抑えてる印象やった

 

 

>>25
三振率いいのに結構ばかすか打たれて安定感なかったんや
それ込みでも素材と最近の成長でスカウトが注目してる

 

 

>>27
履正社戦の投球とか見てもスカウト陣が期待するのは分かる
育成難しそうやけど

 

 

木村大成 北海
180cm76kg 左左 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ

スリークォーター左腕でセットポジションから重心を下げて早めに着地し
後ろ深めに左ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ込む最速145㌔の伸びのある真っすぐと、スライダー、カーブ、チェンジアップを投げる

2年時秋が回数30.2被安打14奪三振41四球6失点0と安定感抜群で話題になった
被安打率4.11 奪三振率12.03 四死球率1.76は特筆すべきものがある

日ハムが大注目している

 

 

ていうか約3球団注目しすぎやろ

 

 

>>30
投手欲しくてたまらないんやろな…

 

 

代木大和 明徳義塾
183cm80kg 左左 MAX139km スライダー・カーブ

2020秋季大会:7試合、62投球回、防御率0.58、奪三振率7.84、四死球率1.45、被安打率6.10

秋トータルでは登板した7試合すべてで完投し、防御率0.58
実績不足とされていたがこの秋に開花
62回・807球を投げ234打者に対し被安打42・54奪三振・四死球10・失点及び自責点4で防御率0.58と圧巻の成績を残した
球速が課題だが四国大会決勝戦も最速130キロながら変化球と制球力で9回93球5安打4奪三振1四球1失点と将来を期待させるピッチングを見せる

 

 

徳丸天晴 智辯和歌山
185cm86kg 右右 外野手 遠投100m 50m6秒3

甲子園(19夏):3試合、打率.200、1打点、4三振、出塁率.200
地方大会通算(近畿大会:19春秋、県大会:19夏):8試合、打率.400、3二塁打、2本塁打、12打点、6三振、出塁率.486、1盗塁

強肩強打の4番・ライト。飛距離を買われて1年時春から4番。同年夏の予選で左越え2ランを放った。
高校通算16発、中学通算22発とたしかな結果を残している、三振が少ないのも特徴

巨人が注目している

 

 

高木翔斗 県岐阜商
186cm90kg 右右 捕手 遠投100m 50m6秒8

19秋:14試合、打率.412、1本塁打、16打点、6三振、出塁率.492、OPS.1060
20夏甲子園:1試合、打率.250、0本塁打、0打点、1三振、出塁率.250、OPS.500
20秋東海:3試合、打率.250、0本塁打、3打点、2三振、出塁率.286、OPS.536

恵まれた体格を誇る4番・捕手。二塁送球2.0秒前後から2.0秒台。
バッティングもさることながら安定したスローイングと守備に注目が集まる選手
今年は校内クラスターによるブランクなどもあったが明豊戦ではの中で二盗補殺をマークしている

 

 

松川虎生 市和歌山
178cm98kg 右右 捕手

1年時春から4番・サードでレギュラー、同年秋から本職である捕手を任された
高校通算31本塁打で小園健太とは中学時代からのバッテリー

ロッテ、楽天、オリックスが注目

 

 

宮下朝陽 北海
182cm79kg 右右 遊撃手

20夏南北海道:2試合、打率.625、0本塁打、3打点、0三振、出塁率.700、OPS1.700
20秋北海道:5試合、打率.474、0本塁打、5打点、2三振、出塁率.545、OPS1.124

 

182cm79kg、プロからも注目される強打の大型ショート
2年時秋の立命館慶祥戦で1戦2発、麻生球場(両92m)で右越え弾を放った
35打席で3三振と三振が少なく、四球が選べており、成績以上に貢献度が高いタイプ

 

 

流しが高木は高校生捕手ドラ1あるかもしれんとか記事書いてたな

 

 

>>38
兎に角守備がいいし体格のロマンもある
今年はコロナで実績に苦しんどるが今年に期待もてる

 

 

吉野創士 昌平
185cm78kg 右右 外野手 遠投108m 50m6秒1

地方大会計(関東20秋、県19夏20夏秋):19試合、7二塁打、1三塁打、6本塁打、25打点、打率.446、出塁率.493、9三振、3盗塁

高校通算35発、プロ注目の大型外野手。上尾球場で中越え弾を記録。肩の強さにも自信を持つ。
2年時7月の練試でバックスクリーン弾(中121m)、同8月の県大会で右2ラン(両98m)を放った。

オリックスが注目

 

 

池田陵真 大阪桐蔭
172cm83kg 右右 外野手 遠投90m 50m6秒3

19秋:10試合、打率.472、0本塁打、6打点、8三振、出塁率.548、OPS1.159
20夏交流戦:1試合、打率.500、0本塁打、0打点、1三振、出塁率.500、OPS1.250
20秋府大会:7試合、打率.609、3本塁打
20秋近畿:4試合、打率.300、0本塁打、5打点、2三振、出塁率.400、OPS0.800

U15日本代表の4番を務めるなど実績は十分
憧れの選手はOBの西武・森友哉捕手。筋力トレーニングが趣味でベンチプレス125kgを上げる。
50m6秒3、一塁到達4.5秒前後。遠投90m、通算17発。

ロッテと巨人が注目

 

 

清宮福太郎 早稲田実
182cm99kg 右右 外野手 50m6秒6

左右に弾き返す右の強打者。練習試合で推定130m弾を記録。日本ハム・清宮幸太郎を兄に持つ。
19年秋季大会を早実が問題により辞退したため実績に乏しい選手
高校通算は10本で1年時夏から正左翼手を務める

日本ハム・坂本スカウト「中村ノリや落合さんに似ている」

 

 

とりあえず今回はこんなところや!
今年はコロナの影響で試合数も少なくデータが乏しい
ただ投手は当たり年と言われてて身長190前後の大型投手もごろごろいる時代となっとる
春にその大型投手たちがどれだけ球速仕上げてくるかで評価も変わると思うわ

カテゴリー 一覧

姉妹サイト記事

おまとめ

  • 総合
  • おすすめ
  • まとめ
  • ニュース
  • スポーツ
  • 芸能
  • 人間関係
  • オカルト
  • 生活
  • IT

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる