2000年以降のプロ野球、マンガのような選手で打線組んだ

目次

2000年以降のプロ野球、
マンガのような選手で
打線組んだ

 

 

1(右)イチロー…メジャー移籍1年目首位打者、2004年にメジャーシーズン記録の262安打

2(二)山田哲人…史上初、トリプルスリーを3度達成

3(左)バレンティン…2013年、シーズン記録となる60本塁打

4(一)山崎武司…2007年、39歳での本塁打王・打点王

5(指)大谷翔平…日本人最速165km、史上初10勝10HRなど

6(三)中村紀洋…メジャー挑戦、日本復帰、自由契約、所属先を転々とエピソード豊富

7(遊)石川雄洋…暗黒時代横浜でショートを守り抜いたイケメンスピードスター

8(捕)甲斐拓也…育成ドラ6から日本シリーズMVP、日本代表選出

9(中)岡田幸文…育成ドラ6から日本シリーズでの殊勲打、GG2度受賞

(先発)田中将大…2013年、24勝0敗1S

(中継)山口鉄也…思い出受験にと入団テストを受けた巨人で育成選手から3億円プレーヤーに

(抑え)斎藤隆…2006年引退する前にと挑戦したメジャーでリリーフエースに

 

 

 

代打に北川と原口

 

多田野がおらんやん
あんなの漫画ですらなかなかあらへんで
日本のドラフト回避してメジャー挑戦とか

 

ショートの無理矢理感

 

石川内野手はショート守れましたか…?

 

ちゃんと守備通りにしたことは評価するで

 

6番…メジャー…?(すっとぼけ)

 

新井さん題材なら銀魂みたいな笑いあり、少し感動ありの路線行けそう

 

ハムの新庄で1本書けるやろ

 

カテゴリー 一覧

姉妹サイト記事

おまとめ

  • 総合
  • おすすめ
  • まとめ
  • ニュース
  • スポーツ
  • 芸能
  • 人間関係
  • オカルト
  • 生活
  • IT

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる